img_01

高齢者のためのリフォームを考えるなら

高齢者のためのリフォームを考えるときには、必ず高齢者の始点に建って行動範囲や不便なところを考えておかなければなりません。たとえば、玄関の敷居の段差や家のドアと廊下の間などの段差においても躓かせる対象となる可能性もあります。車椅子で移動しづらいということも考えられます。

そのため、リフォームを適切に行うことで、高齢者の方が移動しやすい住まいを見つけられます。


高齢者の住まいに関する支店などについてわからないときには、建築業者に相談するか、一緒に済むことになる高齢者に相談することも大切です。
実際に住宅展示場などに出かけて、住まいに対しての配慮を的確に行うことで、高齢者が住みやすいリフォームを実現できるのです。

また、福祉住環境コーディネイターといわれている資格を持つ人々に相談しておくことで、高齢者に最適な住まいのアイディアを提供してくれます。建築業者の中には社員の中にその四角を持っている人がいるので、相談しておくと安心です。

http://life.blogmura.com/shunou/
http://www.muji.net/store/cmdty/section/T20004
http://www.trunk-room.net/